Word スペルチェック

Word スペルチェックWord裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文章を入力する事が目的となるWordには、自動で文章中に入力された文章が間違っていないか素早く、確実に判断するための文章をスペルチェックを行える機能が備わっています。デフォルトで、スペルチェックが有効になってます。

文章校正・スペルチェックの実行

上記がWordの文書です。設定が反映されていれば、文章に波線や、青の二重線が引かれます。

【ファンクション】の【F7】キーを押します、すると右側に作業ウィンドウが表示されます。

上記の2つ【表現の推敲】【誤りのチェック】が修正点だと言う事が解ります。

【表現の推敲】をクリックします。

すると、上記の様に【修正前の文書】と【候補】が出てきます。

修正候補の一覧をクリックします。

文字が修正されます。

誤りのチェックも同様の操作をします。

まとめ

Wordで文書校正を素早く行う事を今回は学習しました。ビジネス文書では誤字・雑字は確実にチェックしたいので、この様なF7キーは重宝する機能だと思います。是非、ご使用下さい。

コメント