データーバーを編集して思い通りのグラフを表示 | YouTubeパソコンスキルUP講座

データーバーを編集して思い通りのグラフを表示

Excel データバーExcel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

数値をセル内でグラフ化してくれる「データバー」はとても簡単に作成する事が出来ます。ただし、「条件付き書式」のコマンドからデータバーを作成した場合は、グラフの最大値と最小値が自動指定されるため、思い通りのグラフになりません。

データーバーの編集

条件付き書式のデーターバー

各世代の傾向は把握しやすくなるが、「50才以上:使いやすい」のデータがセル幅一杯に表示されてしまっては、「世代を代表しているデータ」であるかのように見えてしまう。しかし、実際の回答数は71件しかなく、状況を的確に示すグラフではありません。

上記の様に、「最大値」と「最小値」を指定してデータバーを設定すると、データが比較しやすいグラフとなります。各グラフの範囲が0~300になるように指定すると、上記の図のように、にデータバーを示すことが出来ます。

詳細な指定を行うには、「新しいルール」を使ってデータバーを作成する必要があります。

条件付き書式から新しいルール

①【範囲】をドラックして選択します。
②【ホーム】タブをクリックします。
③【条件付き書式▼】をクリックします。
④【新しいルール】をクリックします。

すると【新しいルール】のダイアルボックスが出てきます。
①【データーバー】を選択します。
②【数値】を選択し、0~300(リストの中の最小値・最大値)を選択します。
③【緑】を選択します。
④【グラデーション】を選択します。
【OK】ボタンを押します。

0~300の範囲でセルに、数値をグラフ化したデータバーが表示されます。

同じ手順で、30代~40代 50代以降のグラフもデーターバーを設定します。

グラフの範囲が0~250に統一されます。年代によっての比較が解りやすくなります。

セルの幅を調整するとより、見やすいグラフが完成されます。

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント