【Excel】文字切れの解消 | YouTubeパソコンスキルUP講座

【Excel】文字切れの解消

Excel CHAR関数Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelで操作していると、セルの文字が全部印刷されない事はありませんか? 今回は入力時によくある「文字切れ」の解消方法について紹介します。

上記の表の様に【罫線と文字がくっついている】【最後の行が見えない】と残念な印刷結果に終わって
しまいます。又、1行ずつ調整していては手間も時間もかかります。

今回は、行の高さをまとめて調整する裏技テクニックをご紹介します。

行番号の境界線をダブルクリック

行をドラックして選択します。

ダブルクリックすると、行の高さは揃えられます。

改行を削除

①【ドラックして選択】します。
②【Control+H】を押したら【検索と置換】ダイアルボックスが出てきます。
③ 検索する文字列に【Control+J】と入力します。
④ 置換後の文字列にスペースを入れます。
【OK】ボタンを押します。

文字の改行を解除できます。

CHAR関数

この様な際、改行を挿入するには、よく指定した文字コードに対応する文字を入力できるCHAR関数を使用します。

「CHAR(10)」で「改行文字を入力する」の意味となり、「&」演算子でセルの内容と連結して、「=CHAR(10)&対象のセル&CHAR(10)」のように入力すれば、セルの内容の前後に改行を追加できます。

CLEAN関数

ワークシート関数で改行を削除するやり方です。セル内で改行されている位置には、目に見えない改行コード(制御文字)が入力されています。こうした制御文字を除去してくれるのが、CLEAN関数です。

上記の様に関数を入力すると、改行が削除されます。

コメント