Excel 印刷プレビュー 余白設定 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excel 印刷プレビュー 余白設定

Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

A4用紙の縦一枚に収めるつもりだったけど、少しだけページからはみ出してしまう。どうにか1ページに収めたい、ということがあります。はみ出すことがないように、失敗せず1度に印刷したいです。
今回は、余白を調節する簡単な方法をご紹介します。

印刷プレビュー余白設定

Excelで上記の様な、全部の表を1枚に収めて印刷したい場合、どの様にすればいいのでしょうか?

キーボードの【Ctrl】+【P】を押すと、印刷プレビューが開きます。

印刷プレビューでこのシートは、上記の様に、ページがはみ出て、2ページに印刷されてます。
このページを一枚に収めます。

印刷プレビュー上で余白を設定

印刷プレビューを見てみると、右下に【余白の表示】ボタンが有ります。こちらをクリックしてみてみます。

印刷プレビュー上で余白が表示されます。

余白を間隔的に出来るようになります。

横方向に印刷

上記の様に、印刷プレビューから横方向に印刷を選択すると

この様に、横方向に印刷する事も出来ます。

シートを1ページに印刷を選択すると

わざわざ [ページ設定] ダイアログ ボックスを開かなくても、プレビュー画面で設定しやすいように設定領域にボタンが表示されます。

余白の表示の見え方

ここでは、印刷プレビューの余白の表示をみていきます。

【挿入】タブの【テキスト▼】の【ヘッダーとフッター】をクリックします。

【ヘッダー】に【支店別売上表】と入力します。

フッターに移動をクリックします。

上記の様に、【フッター】に移動します。

ここでは、ページ番号/総ページ数を入れます。

印刷プレビューで確認

「余白の表示」がオンの状態になると、用紙の上下・左右の余白、ヘッダー、フッターの境界線が淡色の罫線で表示され列幅が表示され、マウスを使って余白や列幅の調整ができます。

又、ページ設定から余白も設定できます。具体的には動画で解説してます。

まとめ

勿論プレビュー画面で変更された列幅は、プレビュー画面からExcelの編集画面に表示を切り替えても有効です。「余白の表示」は一度オンにすれば、その後ずっと表示されているので、不要になったらオフにしてください。余白を含めた印刷時の全体レイアウトを確認したいときだけオフにして、普段はオンのままで作業すると、作業効率が上がります。

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント