FILTER関数とは?複数条件の抽出に最適 | YouTubeパソコンスキルUP講座

FILTER関数とは?複数条件の抽出に最適

Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelを使用してデータの抽出やレポート作成をしているとき、複数条件に合うデータを瞬時に取り出せたら便利なのに…と、考えたことはありませんか?複数条件の抽出に最適!作業効率がUPする、FILTER関数の使い方をご紹介します。

FILTER関数とは?複数条件

この様な費目別売上表があります。

商品名の箇所の▼を選択して、【キーボード】を選択します。

すると、キーボードの売上日・合計売上が算出されます。この様な表を作成していきます。

項目の作成

まずは、商品名・購入日・売上合計の見出しを作ります。

Jの列に重複しない商品名と入力しておきます。中央揃えにしておきます。

UNIQUE関数を使って、重複しない商品を取り出す

ここでは、重複しない商品名にUNIQUE関数を使って、重複しない商品名を取り出していきます。

この様に数式を入力して、商品名を選択します。

重複しない商品名のリスト一覧が出てきます。ここでは、中央揃えにしておきます。

データの入力規則

①商品名の下の行をアクティブセルにします。
②【データ】タブをクリックします。
③【データの入力規則】をクリックします。

【J4】を選択して後ろに#をつけます。(後ろに# と指定すると、UNIQUE関数で取り出した配列のデータ全体を指定することができます。)

OKボタンを押します。

重複しないプルダウンリストが作成出来ます。

FILTER関数で絞りこみ

売上日は、リストを変動させたいので、FILTER関数を使用します。
FILTERとは、条件に一致するデータ一覧を取得する関数です。

第1引数に元データの範囲を指定し、第2引数に検索条件を範囲で指定します。

売上日にこの様な数式を挿入します。

表示形式

商品名カメラを選択すると、上記の様な表示形式になってしまいます。日付に表示形式を書き換えます。

①【G列】をクリックします。
②【Control+1】を押します。
セルの書式設定ダイアルボックスが出てきます。
③【表示形式】タブを選択します。
④【日付】を選択します。
⑤【種類】を選択します。
【OK】ボタンを押します。

すると、売上日の表示形式が日付に変わります。

売上合計を算出

SUMIF関数を使って、商品名の売上合計を算出します。

売上合計を算出出来ます。

まとめ

複数条件の抽出に最適!作業効率がUPする、FILTER関数の使い方をご紹介しました。

当サイト管理者の、橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。
この度、出版社SBクリエイティブさんに、思いを共感していただき、改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニックという本を出版しました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント