Excelのセル結合を解除 空欄セル全てに値や数式を埋める方法 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excelのセル結合を解除 空欄セル全てに値や数式を埋める方法

セル結合 解除Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんは、業務で、セル結合していますか?皆さんの周りでも、セルの結合は行うべきではないと考えている人は、案外多いのではないでしょうか。生産性も落ちてしまいます。
今回は、Excelのセル結合を解除 空欄セル全てに値や数式を埋める方法をご紹介します。

セルの結合をよくないとする理由

上記の様な、事が出来なくなります。

この様な顧客名一覧表が有ります。B列が結合されています。

販売価格を降順に並べましたが、「結合セルを同じサイズに…」と出てきて、アラートが出て実行できません。

資料に使ったりの最終的なアウトプットの際はセル結合をしていくと同僚に配慮があるかもしれません。しかし、データの加工、修正、追加などが発生するときはセル結合があると作業効率が格段に下がるので、解除をしておいたほうが良いです。

セル結合を解除して穴埋めを行う

ではここからセル結合を解除して穴埋めを行う方法について解説します。

①【B列】をクリックします。
②【ホーム】タブをクリックします。
③【セルを結合して中央揃え】▼をクリックします。
④【セルの結合の解除】をクリックします。

するとセルの結合が解除されます。

入力された値や数式は選択されたセル全てに一括入力

キーボードの【Control】+【G】を押します。

すると、ジャンプダイアルボックスが出てきます。ここでは【セルの選択】をクリックします。

空白セルを選びます。OKボタンを押します。

空白セルが選択されて、【B3】セルがアクティブセルになります。

B3セルに【=B1】セルを参照します。

【Control】+【エンターキー】を押します。

すると、上のセルがコピーされます。

全部の空欄が埋まりました。

【Control】+【エンターキー】は、入力された値や数式は選択されたセル全てに一括入力されます。

数式の場合は、そのセルの場所に合わせて数式の参照が有効です。一つ上のセルを参照します。

まとめ

早く、セル結合を解除する方法をお伝えしました。ご説明すると操作が長いように感じますが、
実際操作をすると、即、解除できるので、業務で使われてみてはいかがでしょうか?

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント