Excelでカウント|COUNTIF で「を含む」データをカウント | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excelでカウント|COUNTIF で「を含む」データをカウント

Excel関数
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelでアンケートなどの作業でカウントする事は多いと思います。
例えば「キーワード」を含むカウント方法でも詳細に調査出来ます。
そんな時に、便利なのが、COUNTIF関数です。しかし、COUNTIF関数を使って「〜を含む」と言った文字などを抽出する際は、少し工夫が必要になります。ここでは、COUNTIF関数を使い、任意のキーワードを抽出する方法をご紹介します。

エクセルでキーワードを含むセルをカウントする

今回のサンプル資料は、上記の様な、アンケート集計表です。

C列のコメント一覧から、接客というキーワードを含むデータを抽出します。

COUNTIF関数とは?

条件に当てはまるセルの数をカウントする関数です。 単純に数値が含まれるセルの数をカウントしたい場合は、COUNT関数を用います。

=COUNTIF(範囲, 検索条件)です。
検索条件は、今回の例で言えば、アンケートのコメントが入力されているセルの事です。


今回の例でいうと、「E5」が検索条件になります。

数式を当てはめると、上記の様な数式になるのですが、

これでは、「接客」という完全に一致したものしか検索出来ないので、検索件数が0件になってしまいます。

曖昧な検索 ワイルドカード

検索だけではなく 「含む」「始まる」「終わる」と言った検索方法を曖昧な検索といいます。
この様な時、便利なのが、ワイルドカードです。このワイルドカードを使って、〇〇を含むと言った、曖昧な検索をしていきます。

ワイルドカードは、検索などグロブの際に指定するパターンに使用する特殊文字の種類で、どんな対象文字、ないし文字列にもマッチするもののことである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89_(%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%87%A6%E7%90%86)

使用例で言えば、この様な形になります。

ワイルドカードを使った、COUNTIF関数

使用例で行けば、この様になります。

重要なのは、【”*”&】と、【&”*”】です。
これによって、D8セルには、接客の前後の文字は、何でも大丈夫という意味になります。

まとめ

これで、COUNTIFと〜を含むでデータをカウントする事が出来ます。是非、活用してみてはいかがでしょうか?

書籍 メルマガ紹介

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼✼••┈┈••✼••┈┈••
無料メルマガ(日々の業務を効率化♪1秒でも早く帰りたい人向けに発信してます。)

登録フォームで必要事項を入力の上「確定」ボタンをクリックしていただければ
メルマガ登録完了です。

※なお、登録後の購読解除は、各回のメルマガの末尾に一発解除リンクを設定しており、
そちらから随時できますのでご安心ください。

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼✼••┈┈••✼••┈┈••

★1秒でも早く帰りたい方へ★

改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニック
※書籍のダウンロードサイトで解りやすい資料作りが出来る!

Amazon:https://amzn.to/3TxOAmC
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17199338/
SBクリエイティブサイト:https://www.sbcr.jp/product/4815613532/

学習レベル(こんな人におススメ)

✅短時間で実務に役立つExcel機能のポイントを知りたい方
✅Excelは、ある程度使っていて、業務効率化につなげたい方
✅Excelで業務スキルをアップしたい
✅よりExcelを使いこなしたい方
✅基礎からさらにステップアップしたい方

↑クリックすると、Amazonサイトへリンクします。

Excel関数

コメント