Wordの入手方法

ワードの入手方法Word基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワードはどうやって入手できるの?

Wordの利用ライセンスを持っていない方は、下記のような入手方法があります。

  • Microsoft 365 Personalのメリットは自動更新してくれる
  • 常に最新バージョンが利用可
  • Word/Excel/PowerPoint/Outlook/Publisher/Accessのすべてが使える
  • 1ライセンス1ユーザー、無制限にインストール可(Windows/Mac/タブレット/スマホ、複数OK)

Office365とは?今までのOfficeとの違い

Office365とは一言で言うと、月々お金を支払って最新のOfficeを使えるサービスのことだよ

今までのOfficeは買い切り形式で、一括で32,184円支払えば、ずーっと使えます。逆にOffice365は1ヶ月1,274円(1年だと12,740円で少しお得)支払います。最初はOffice365のほうがお得ですが、3年6ヶ月目くらいからOffice2016のほうがお得になります。

そう考えるとOffice2016のほうがお得に感じるかもしれませんが、常に最新のOfficeを使えることや、この後説明する特典があるため、Office365も十分お得だと思います。

Office365のお得な特典?

エクセル・ワード・パワーポイントが最新で使える

Office365だと常に最新のOfficeアプリケーションが利用可能だよ

Skype から固定電話や携帯電話への発信が毎月 60 分間無料

 

家計が大変助かるよ

家族へ電話する時や、お店への予約の電話など外から電話をかけることは結構あります。また、そのような場合にSkypeで通話できるとかなりの節約になります。

他のパソコンへのインストール台数無制限

同じ人が使用する Windows PC、 Mac、タブレット、スマートフォン などのすべてのデバイス (同時に 5 台までサイレンインが可能です)

職場、自宅、、学校、スマホ、タブレットなど今や複数の使用が出来ます。この制限撤廃のおかげでどのデバイスからでもOfficeが使用可能になります。

Officeアプリケーションを使ったら?

買い切り型のOfficeと変わらないよ

Office365を契約すると、Officeアプリケーションのダウンロードリンクが表示れますので、それをクリックしてインストールするだけです。

インストール完了後、PCのスタートメニューにOfficeアプリケーションが表示されるのでクリックするだけです。

Windowsであればスタートメニューに表示されるよ

起動後は普通に使用できます。Office365だからって何か特別なことをする必要はありません。

Office365契約の手順方法

Office365にアクセスして上記ページを開き、一番左の¥12,984「今すぐ購入」をクリックします。

最初は無料試用のためこの画面になります。内容を確認したら「次へ」をクリックします
クレジットカード情報や氏名住所などを入力したら最後に「申し込む」をクリックします。

※上で紹介した購入手順よりもAmazonで購入したほうが安いよ。気になる方はチェックしてね↓

コメント