「職場のやっかいな人間関係」に負けない方法

職場の人間関係職場の改善方法

職場で厄介な人間に振り回されて辛いよ

「あの人」の言葉のクセに解決の糸口があります

 職場の人間関係のトラブルでありがちなのが「何故、この人はあんな風に考える(行動する)のだろう」?
相手を理解できずにレッテル貼りをし出し、人間関係が悪化するパターン・・・

 この本を読めば、そんな悩みも解消出来ます。自分と相手の考え方の違いを知る事が出来ます。

 目標設定の場面では高い目標を掲げがちな「目的志向型」とリスク回避に意識が向いて現実的な対応をしようと試みる「問題思考・回避型」に分かれます。どちらが悪いというわけではなく、それぞれにどのようにすればいいのか書かれています。

  • 出しゃばり”人間には ?
  • “猪突猛進”人間には ?
  • “頑固一徹”人間には?
  • “優柔不断”人間には?
  • “歯に衣着せぬ”人間には?
第1部 「iWAM(アイワム)」
  • 職場の人間関係を劇的によくする新手法 世界のビジネスシーンで活用されている画期的なツール
  • 職場の人間関係で悩んでいるあなたへ
  • 退職理由の“ホンネ”と“タテマエ”
  • つまりは、すべて「コミュニケーション」の問題
  • 人間関係の“盲点”
  • 相手に対する「リスペクト」があるか?
第2部 職場のやっかいな「この人」「あの人」にどう対応するか 10の「認識スタイル」別
  • 人間関係の戦略(主体性)
  • 方向性
  • 判断基準
  • 選択理由
  • スコープ

まとめ

人間関係は、ある意味永遠のテーマ。

この本には、タイプの違いがわかりやすく書かれていて、具体的に活用できそうな対処法があり、実践してみるのがお勧めです。

コメント