SUMIF関数で条件を指定して数値を合計する

Excel SUMIF関数Excel基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SUMIF関数の使い方

動画の後半でお伝えしてます。

条件を指定して合計する「SUMIF関数」の使い方

[範囲]のなかから[検索条件]に一致するセルを検索し、見つかったセルと同じ行(または列)にある、[合計範囲]のなかのセルの数値の合計を求めます。

入力方法と引数

SUMIF 条件を指定して数値を合計する

範囲検索の対象とするセル範囲を指定します。
検索範囲セルを検索するための条件を数値や文字列で指定します。
合計範囲合計したい値が入力されているセル範囲を指定します。[範囲]と[検索条件]によって絞り込まれた[合計範囲]の中のセルが合計の対象となります。省略すると、[範囲]がそのまま合計の対象となります。
  1. 合計値を表示したいセルに「=SUMIF(」と入力する
  2. 検索の対象とするセル範囲を選択する([範囲]の設定)
  3. [範囲]の中にある検索条件を文字列や数値で指定する([検索条件]の設定)
  4. 合計したい値が入力されているセル範囲を指定する([合計範囲]の設定)
  5. 最後に「)」(半角閉じカッコ)を入力してEnterキーを押す

コメント