Excelでグラフを作成 基本 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excelでグラフを作成 基本

Excelグラフ作成 基本Excel基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクセル(Excel)で作成した表を元にグラフの作成する手順を解説します。

Excelグラフ作成

グラフを作成する範囲を選択します。

① 【挿入タブ】をクリックしてください。
②  縦棒グラフの▼から集合縦棒グラフをクリックしてください。

グラフが作成されました。

グラフタイトルをドラックして、文字を書き換えます。

支店別売上表と入力してください。

表題が完成されました。

グラフを選択するには

グラフエリアを選択してください。そうするとグラフ全体が選択されます。

グラフのサイズを変更

グラフのハンドルをドラックするとグラフエリアの大きさが調整されます。

グラフの種類を後から変更

グラフのデザインタブをクリックしてグラフの変更をクリックするとグラフが変更出来ます。

グラフのデザインタブから  デザインを変更出来ます。

上記の様にグラフの色も変更出来ます。

グラフのデータ範囲を変更

グラフをクリックして、データの選択を押して下さい。

するとこの様なボックスが出てきます。グラフデータの範囲から変更してください。

項目とデータ系列の内容を入れ替えたい

この様なグラフの行と列を切り替えます。

グラフをクリックしてグラフデザインの行と列の切り替えをクリックしてください。

この様に行と列が切り替わりました。

グラフ要素の追加の▼からグラフの上をクリックするとタイトルが表示されます。

より素早くグラフ要素を表示するには

グラフ要素をクリックすると同じようにグラフタイトルがあるので、チェックボタンを押して下さい。

グラフ上に元データを表を作成

グラフをクリックしてグラフのデザインタブから
グラフ要素の追加の▼からデータラベルから凡例マーカーありをクリックしてください。

グラフ上に元データを表を作成を作成出来ます。

グラフ上にデータラベルを表示

グラフ要素の追加からデータラベルの外側をクリックしてください。

グラフにデータラベルが表示されました。

2種類のグラフを組合せるには

挿入タブからおすすめグラフをクリックしてください。

組み合わせを選択してください。

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel基本操作
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント