Excel SUMSQ関数の使い方

Excel SUMSQ関数Excel関数

平方とはある値を2乗することで、和は足し合わせることです。平方和は各データを2乗してすべて足し合わせることです。

【Excel講座】数値の2乗の和を計算するSUMSQ(サムスクエア) 関数(詳細マニュアル付き)

SUMSQ 関数を使った平方和の計算方法

平方和は、エクセルのSUMSQ 関数で求めることができます。

セルに

「=SUMSQ( )」を入力し、

「=SUMSQ(データ範囲)」

データ範囲を指定すると、平方和が表示されます。指定した数値、論理値、数値を表す文字列が計算の対象となります。数値だけが計算の対象となり、空白セル、論理値、文字列、またはエラー値はすべて無視されます。

ここに、みかんが10個のデータが有ります。この10個のデータをつかって、平方和を計算してみます。

読み方

サム・スクエア

SUMSQ関数の使い方

数式バーに数式を入力します。

平方和(2乗の和)は、1472となりました。

コメント