波線グラフの作成方法

Excel 波線グラフの作成Excel裏技テクニック

Excelのグラフで数値の差が大きい時、ここでは波線を使って棒の長さを省略していく方法をご紹介します。図形を上手に使っていきます。

【Excel講座】波線グラフの作成方法  (詳細マニュアル付き)

波線グラフの作成方法

一般のグラフの作成

ここでは、Word・Excel・PowerPoint・Outlook・Accessとありますが、Excelだけの数値が
他の数値に比べて極めて数値が大きいです。

この様な形で一旦グラフを作成してみます。

① 数値をドラックしてください。
② 【挿入タブ】をクリックしてください。
③ 縦棒グラフの▼の集合縦棒をクリックしてください。

するとこの様なグラフが作成されましたが、Excelの2500は分かるのですが、Word・PowerPoint・Outlook・Accessの数値を把握する事が極めて難しいです。

この様な形で比較がしずらいです。

そこで数値の幅を省略して高低差を決め、見やすくグラフを作成していきます。

省略する数値の幅を決める

ここでは省略する数値の幅を決めて、最高値のデータを引きます。

一旦C列をD列に張り付けます。

省略する数値の大きさを変えます。ここでは2500を200に書き換えました。

この様にあらかじめ数値を変更してグラフ化して行きます。

上記の様に選択してグラフを作成していきます。

するとこの様に高低差がなくなりました。

このグラフを見てみると、最大値が250、Excelのグラフは200になっており、実際は2500です。メモリ線を本来のメモリ線に修正していきます。

メモリ線の修正

メモリ線を右クリックして軸の書式設定をクリックしてください。

右側に上記のパレットが出てきますので、グラフの所をクリックしてください。

表示形式をクリックしてください。

標準をユーザー設定にしてください。

上記の様な数式を入れます。

表示形式コード

Excelの表示形式は、Excel内部で扱っているデータと人間が見ているデータは違います。数値には表と裏があります。

達成率を%に変えていきます。Control+1をクリックしてください。

するとセルの書式設定が出てきます。ここでは%に切り替えます。
そしてOKボタンを押すと

%に切り替わります。

セルの書式設定で千円単位に切り替える事も出来ます。

※数値には表と裏があります。

Excelのグラフで作成した表示形式は上記になります。

一番上が250になっているのはおかしので書き換えます。

軸の上で右クリックして軸の書式設定をクリックしてください。

最大値と単位を書き換えます。

するとこの様に単位が変更されました。

題名を比較表を書き換えます。

分かりやすいグラフに作成できました。

波線を使ってグラフの棒の長さを省略

波線を使ってグラフを省略する方法をご紹介します。

波線を作るやり方は色々あります。図形から波線をつくるやり方もありますが、微調整したりずれが生じます。

グラフを使って波線を作成する

この様に0,1,0,1と入力します。

この表をドラックしてください。

挿入タブから折れ線グラフを選択してください。

表示してあるのもをdeleteで全部消します。

背景と枠線も塗りつぶしは無しとします。

グラフの枠を上へドラックしていくと波線がの完成です。

作成して波線をコピーしてグラフに張り付ければ完成です。

コメント