Excel 複数の列や行をグループ化する

Excel グループ化Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今は必要ないけど、削除できない行や列を非表示にしている方は多いと思います。
しかし、非表示は、第三者からみると、表のどの部分が非表示になっているの気づきにくく、隠れた部分があることに気づかない事も有ります。又再表示する時に手間がかかります。
今回は、できる人が使っている「グループ化」機能を紹介します。

Excel 複数の列や行をグループ化する

列のグループ化

上記の表をグループ化します。

① グループ化したい列を選択します。
②【データ】タブをクリックします。
③【グループ化▼】から【グループ化】をクリックします。

シートの上にグループ化のウィンドウが表示されますので、上記をクリックします。

四国支店の売上が非表示になります。

同じ操作で九州支店も非表示になります。

グループ化の解除

シートの上にグループ化のウィンドウが表示されますので、+ボタンを押します。

グループ化の解除が出来ます。

行のグループ化

上記の表の行のグループ化をします。

① グループ化したい行を選択します。
②【データ】タブをクリックします。
③【グループ化▼】から【グループ化】をクリックします。

シートの左にグループ化のウィンドウが表示されますので、-をクリックします。

この様に合計だけが表示されます。

まとめ

[-]と[+]のアイコンを見て、この様なファイルを受け取った方もいらっしゃると思います。行や列を非表示にするから「非表示」の機能、と覚えてしまうのも無理はないのですが、グループ化を活用すると情報共有が出来、とてもスムーズにどの範囲が非表示なのか解りやすいです。

コメント