Excel 在庫管理術

Excel在庫管理Excel裏技テクニック

Excelで在庫を管理している場合、
その状況に応じて、在庫を補充すべきかどうか自動で解るととても便利です。今回は、分かりやすい在庫管理術を解説します。

在庫管理表の作り方

原本シートの作成

最初に在庫管理表原本を上記の様に作成しておきます。

次にNo パンフレット名 残数 在庫ランク 備考欄を作成しておきます。

MATCH関数で在庫ランクを計算

E5をアクティブセルにします。 今回は、MATCH関数を使用します。

MATCH関数は、指定した範囲内で探したい数値や文字列がどの位置にあるかを列・行番号で返す関数です。

MATCH関数を使用することで探したいデータが表の何行目にあるか見つけ出す事が出来ます。
今回は、検査値以下の最大値を検索しますので、照合の種類は 1とします。

在庫のランクを判別する事が出来ます。

VLOOKUP関数で備考の項目を作成

VLOOKUP関数を使って補充の詳細が分かるように関数を挿入します。

ここでは、=VLOOKUP(E5,$J$5:$K$10,2,0)と入力します。

この様に補充の詳細が分かるようになります。

条件付き書式を使用して、早急に補充するものを確認できるようにする

条件付き書式を使用して早急に補充するものを確認します。

① 詳細爛をドラックして選択します。
②【ホーム】タブをクリックします。
③【条件付き書式▼】をクリックして、【セルの強調ルール】にマウスポインタをあて、【文字列】をクリックします。

【文字列】ダイアルログが出てきます。【次の文字列を含むセルの書式設定】に【K5】のセルを選択します。

【書式の▼】から【ユーザ設定の書式】を選択します。

【セルの書式設定】ダイアルログが出てきます。黄色を選択してOKボタンを押します。

早急に補充するものがわかりやすくなります。

まとめ

Excelで在庫を管理している場合、
その状況に応じて、在庫を補充すべきかどうか自動で解るととても便利です。今回は、MATCH関数とVLOOKUP関数を使って、在庫管理表を作成しました。

コメント