ワイルドカードの活用テク 関数応用編 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excel ワイルドカードの活用テク 関数応用編

Excel ワイルドカードExcel裏技テクニック
Excel ワイルドカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関数を使用すると、表の中から条件に合うデータを探して合計、平均、データ数を求める事が可能です。ここでは、「ワイルドカード」と呼ばれる記号を使用して、「○○を含む」「○○を含まない」「○○で始まる」「○○で終わる」のような、あいまい検索に役立つワイルドカードをご紹介します。

ワイルドカードの活用テク

発注表に「マーカーを含む」商品のデータを集計する

「マーカーを含む」という条件を指定するには、引数[検索条件]に「”マーカー“」と指定します。「マーカー」がセルF6に入力されているので、「”” & F6& “ * 」と指定します。「*」は、あいまいな文字列を表すワイルドカードです。

SUMIF関数、AVERAGEIF関数、COUNTIF関数を使用すると、表の中から条件に合うデータを探して合計、平均、データ数を求められます。ここでは、「ワイルドカード」と呼ばれる記号を使用して、マーカーを含むの様な、あいまいな条件で金額を算出する事が出来ます。

SUMIF関数
あらかじめ指定したセル範囲の中から条件が合致するデータを探し、その条件に合致した範囲のデータを合計する関数です。

AVERAGEIF関数
関数は条件に一致するセルの平均を求めます。

COUNTIF関数
ある範囲に含まれるセルのうち、指定された単一の検索条件に一致するセルの個数を返します。

「マーカーを含む」という条件を指定するには、引数[検索条件]に「”*マーカー*”」と指定します。「マーカー」がセルF6に入力されている場合は、「“*” & F6 & “*”」と指定します。「*」は、任意の文字列を表すワイルドカードです。

発注合計は、SUMIFを使って上記の様な数式で算出します。

金額が分かります。

発注合計は、AVERAGEIF関数を使って上記の様な数式で算出します。

発注平均の金額が分かります。

データの数はCOUNTIF関数を使って上記の様な関数を挿入します。

マーカーのデータの数が4と分かります。

条件の指定例

「『マーカー』を含む」という条件を指定しましたが、「*」の使い方に応じて「始まる」「終わる」など、さまざまな条件を指定できます。

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント