Excel 時刻の求め方

Excel 時刻の求め方Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelで名簿の金額を集計して売上表を作成したりする際、端数処理をしなければならない場面に困った経験はありませんか。
施設など、滞在時間に応じて利用料金が決まっています。ここでは滞在時間に応じて15分単位の時間を割り出し、施設の利用料金を計算していきます。

時刻の求め方

上記の様な10:15に入館して13:10に退館した場合、実際の滞在時間は2時間55分ですが、15分単位で切り上げて滞在時間を3時間とします。

CEILING関数

「滞在時間 15分以上」列に、実際に滞在した時刻を切り上げた値を求めていきます。ここでは、CEILING関数を使います。CEILING関数は、1つ目の引数で指定した数値を2つ目の引数で指定した基準値の倍数のうち最も近い値に切り上げる関数です。

書式は次のとおりです。この基準値に15分単位なので15と入れれば15分単位で切り捨てられます。
2つ目の引数には「”0:15”」と指定します。

具体的には上記の関数を挿入します。
ダブルクォーテーションで囲むことを忘れないでください。

[Enter]キーを押して数式を確定させます。セルには「3:00」と表示されます。

オートフィルを使って、ドラッグします。実際の滞在時間を15分単位で切り上げた値を入力できます。

表示形式

時刻の表示形式は上記となります。

Excelは時刻や日付のデータを「シリアル値」という値で管理し、シリアル値は24時間を「1」として扱います。例えば、12時はシリアル値だと「0.5」、6時は「0.25」になります。したがって、シリアル値で表現されている時刻データに24を掛ければ、数値で表せることになります。

後は、プールの一時間の料金1500円を掛けます。1500円のセルは絶対参照にしておきます。

プールの滞在時間の料金表が完成します。

有料会員(月額450円)になると、テンプレート素材全部がダウンロード出来るよ

テンプレート一覧

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

まとめ

今回は、Excelで時間を計算する際に知っていると便利なテクニックをご紹介しました。CEILING関数を使って決まった単位で切り上げる方法と、時刻データを数値データに変換する方法を解説しました。是非お使いください。

コメント