エクセル画面のメニュー構成 | YouTubeパソコンスキルUP講座

エクセル画面のメニュー構成

Excelの画面構成Excel基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelの画面構成と主なメニューを解説します。

全ては完璧に覚えられなくても、ある程度把握しておくだけで後々の作業短縮につながるよ

Excelの画面構成と主なメニュー

タブ

  1. タブ(エクセルのメインメニュー)
  2. セル(データ(数値・文字列)を入力するひとつひとつの枠)
  3. 名前ボックス(ワークシートの表示)
  4. 数式バー(アクティブセルの内容を表示)
  5. 行番号(行の位置を示す数値の表示)
  6. 列番号(列の位置を示す数値の表示)
  7. スクロールバー(シートを縦・横にスクロールする時に使用)
  8. シート見出し(シートの使用を切り替えるために使用)
  9. クイックアクセスバー(よく利用するボタンが表示されている)

まとめ

エクセルにはまだまだたくさんの隠れたメニューがありますが初めからすべてを覚えるのは大変なことです。
実際にExcelを使っていく中で良く使うものを覚えて行きましょう。

あわせて、読むと効率UPです

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel基本操作
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント