Excelの基本操作をマスターします。

Excelの基本操作について解説してます。

Excel基本操作

Excel 徹底的解説 IF関数

ExcelのIF関数で複数条件に対応するためには、IF関数の中にIF関数を入れ子にすることで細かく条件を分岐させることができます。IF関数では、1つの論理式で真(TRUE)と偽(FALSE)の2つに分岐します。分岐した先の「真の場合」と「偽の場合」にIF関数を指定することで複数の条件を判別出来ます。2つだけではなく、3つ・4つと条件を入れていく事が可能になります。
Excel基本操作

Excelでグラフを作成 基本

エクセル(Excel)で作成した表を元にグラフの作成する手順を解説します。
Excel基本操作

ExcelからPDFに変換するとずれる 理想通りのPDF変換

ExcelをPDFに変換すると表がずれて、1枚に収まらない事はありませんか? PDFに変換したら表が小さくなってしまう事も。。。 そんな時、理想的なPDFに変換する方法をご紹介します。
Excel基本操作

【Excelグラフ】2軸の複合グラフを作る方法

グラフ内の数値がデータ系列ごとに大きく異なる場合や、データの種類(売上と達成率)が混在している場合には、1つまたは複数のデータ系列を第2縦軸(値)として組み合わせます。第2縦軸の目盛は、関連するデータ系列の値を示します。第2軸は、棒グラフと折れ線グラフの組み合わせをすることによって、グラフの推移が解ります。
Excel基本操作

Excel 請求書作成7つの機能のご紹介

関数を使って便利な請求書を作成してみます。 請求書の作り方の流れをご説明します。
Excel基本操作

箇条書きの作成方法★★★

ここでは、箇条書きリストを作成します。箇条書きはレポート、職務履歴書、活動報告書などでよく使われるテクニックです。箇条書きリストの種類を変更したり、箇条書きリストのスタイルを変更したり、箇条書きリストの途中から番号を打って行ったりします。箇条書きリストのスタイルを完全にマスター出来るように作成しました。
Excel基本操作

ExcelのSUBTOTAL関数の使い方★★★

SUBTOTAL関数は集計方法の条件を指定することでさまざまな集計を求めることができます。 特に小計やオートフィルターを使うときはSUM関数やSUMIF関数ではなくSUBTOTAL関数を使用しましょう。
Excel基本操作

VLOOKUP関数の使い方★★★★★

VLOOKUP」とは、検索したデータに該当した行の指定列からデータを取り出す関数です。データを検索する関数の中でもっともメジャーな関数といえます。しかし、その使用方法が理解しづらかったり、何度もヘルプにお世話になったりしている方も多いと思います。これを読んで、一気にVLOOKUP関数を制覇していきましょう。
Excel基本操作

SUMIF関数で条件を指定して数値を合計する

Excel(エクセル)のSUMIF関数は[範囲]のなかから[検索条件]に一致するセルを検索し、見つかったセルと同じ行(または列)にある、[合計範囲]のなかのセルの数値の合計を求めます。
Excel基本操作

Excel 実務でよく使う関数編

Excel(エクセル) 実務でよく使う関数編