Excelのセル内自動で改行の方法 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excelのセル内自動で改行の方法 

Excel基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、Excelの文字のデータをセルの中で、改行する方法についてご紹介します。決めた列幅に文字列を納めるには、文字列の折り返し機能を使って、入りきらない文字を次の行に折り返して、1つのセルに、複数行入るようにする事が出来ます。

セル内で改行の方法

Excelは、通常データを1行で入力していきます。この表の様に、Excelの文字列データは、基本的にセルの幅より長くても、きちんと表示されます。しかし、D列のセルに、データが入力されてしまうと、

この様に、C列の書いてある、文字が隠れてしまいます。

この様な時は、列幅を広げていくと、見えるようになります。しかし、全てを見えるようにするには、列幅がとても大きくなってしまうときがあります。

決めた列幅に文字列を納めるには、文字列の折り返し機能を使用して、入りきらない文字を次の行に折り返して、1つのセルに複数行、入るようにする事ができます。

文字列の折り返し

では、複数行入る様にしたいセルを範囲選択します。
【ホーム】タブの【配置グループ】にある、【折り返して全体を表示する】ボタンをクリックします。

すると、列幅に収まらないデータが、次の行に折り返して、表示されます。

セル内改行のショートカットキー

セル内改行のショートカットは、同じく範囲選択してから【Alt】+【H】+【W】でセル内改行を一発で出来ます。
こちらも合わせて覚えておくと便利です。

行の高さを調整する

文字を追加しても、自動的に、行の高さが調整されます。

自分の改行したい箇所で改行する

改行したい、文字の後ろに合わせて、【キーボード】の【Alt】+【エンター】キーを押すと、次の行に改行され、
列幅も自動調整されます。

まとめ

今回は、Excelの文字のデータをセルの中で、改行する方法についてご紹介します。決めた列幅に文字列を納めるには、文字列の折り返し機能を使って、入りきらない文字を次の行に折り返して、1つのセルに、複数行入るようにする事が出来ます。


✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼✼••┈┈••✼••┈┈••
無料メルマガ(日々の業務を効率化♪1秒でも早く帰りたい人向けに発信してます。)

登録フォームで必要事項を入力の上「確定」ボタンをクリックしていただければ
メルマガ登録完了です。

※なお、登録後の購読解除は、各回のメルマガの末尾に一発解除リンクを設定しており、
そちらから随時できますのでご安心ください。

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼✼••┈┈••✼••┈┈••

★1秒でも早く帰りたい方へ★

改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニック
※書籍のダウンロードサイトで解りやすい資料作りが出来る!

Amazon:https://amzn.to/3TxOAmC
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17199338/
SBクリエイティブサイト:https://www.sbcr.jp/product/4815613532/

学習レベル(こんな人におススメ)

✅短時間で実務に役立つExcel機能のポイントを知りたい方
✅Excelは、ある程度使っていて、業務効率化につなげたい方
✅Excelで業務スキルをアップしたい
✅よりExcelを使いこなしたい方
✅基礎からさらにステップアップしたい方

↑クリックすると、Amazonサイトへリンクします。

Excel基本操作
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント