Excel関数

Excelの関数を操作します。

Excel関数

Excel MEDIAN関数

データの全体の傾向を把握するために「平均値」をよく使うことがありますよね。ただこの平均値、極端に高い・または低いデータがあると、傾向が上振れたり、逆に下振れしてしまうことがあります。この時活用してみたいのが「中央値」。複数のデータを昇順に並び替えたときに真ん中にくる値のことです。
Excel関数

Excel DSUM関数

指定した条件に一致するセルに入力されている数値の合計を求める、DSUM関数の使い方を解説します。
Excel関数

Excel AVERAGEIFS関数

指定した範囲のなかから複数の条件を満たすセルを検索して平均値を求める、AVERAGEIFS関数の使い方を解説します。
Excel関数

Excel AVERAGEIF関数

AVERAGEIF関数は条件に合ったデータだけの平均を計算したいときで、その条件が1つのときに使う関数です。 YouTubeパソコンスキルUPチャンネル Excel関数チャンネル Excel AVERAGEIF関数 ...
Excel関数

Excel AVERAGEA関数

Excel AVERAGEA関数,エクセル AVERAGEA関数
Excel関数

Excel AVERAGE関数

範囲内に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。 ゼロと空白セルでの結果が異なることに注意してください。0(ゼロ)はデータ数にカウントされますが、空白セルは無視されます。
Excel関数

Excel LCM関数

すべての[数値]の最小公倍数(共通する倍数のなかで最も小さい数)を求めます。
Excel関数

Excel GCD関数

すべての[数値]の最大公約数(共通する約数のなかで最も大きい数)を求めます。
Excel関数

Excel SIGN 関数

SIGN 関数は数値の正負を調べます。SIGN関数を使用して、戻り値が「1」の時は正(+)で、「O」であれば0、「-1」であれば負(-)であることがわかります。
Excel関数

Excel ABS関数

SIGN 関数は数値の正負を調べます。SIGN関数を使用して、戻り値が「1」の時は正(+)で、「O」であれば0、「-1」であれば負(-)であることがわかります。SIGN 関数は数値の正負を調べます。SIGN関数を使用して、戻り値が「1」の時は正(+)で、「O」であれば0、「-1」であれば負(-)であることがわかります。