Wordの脚注/注釈の入れ方と削除方法(参考文献の挿入) | YouTubeパソコンスキルUP講座

Wordの脚注/注釈の入れ方と削除方法(参考文献の挿入)

Word 脚注の入れ方Word基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

論文やレポート等の執筆で参考文献などの脚注を入れる事があります。ただ挿入の方法は知っていても、書式設定や削除の方法はご存じでしょうか?
今回は、脚注と文末脚注との違い、「※」の注釈の表示方法、数字の書式設定、又、に脚注の削除の方法をお伝えしていきます。

脚注とは?

脚注とは、本文の枠外に記された文章のことで、用語解説や補足説明などに利用されます。脚注番号を自動的に挿入し、続けて脚注文章を入力することができます。

脚注の入れ方

脚注には、脚注を付けた単語があるページの最後に補足説明を書く脚注と、文書の最後に補足説明を書く文末脚注の2種類があります。

それぞれのやり方を見て行きます。

ページの最後に補足説明を書く脚注

①【「参照したい文字列の右隣」にカーソル】を置きます。
②【参考資料】タブをクリックします。
③【脚注の挿入】をクリックします。

すると、この様に、ページの下部に脚注が挿入されます。

脚注を入れる事が出来、注記を入力する事が出来ます。

文末脚注(注釈)の入れ方

①【「参照したい文字列の右隣」にカーソル】を置きます。
②【参考資料】タブをクリックします。
③【文末脚注の挿入】をクリックします。

文書の最後に脚注が挿入され、注記を入力する事が出来ます。

脚注記号や番号の編集

①【「参照したい文字列の右隣」にカーソル】を置きます。
②【参考資料】タブをクリックします。
③【脚注と文末脚注】ダイアルボックス起動ツールをクリックします。

「脚注と文末脚注」ダイアログボックスが表示されます。

①「番号書式」から選択します。
②【挿入】ボタンを押します。

脚注の記号が変わります。

「※」の注釈について

「※」印は多くの方が注釈で使っています。「※」の使い方や入力方法などについて詳しく解説しています。

①【「参照したい文字列の右隣」にカーソル】を置きます。
②【参考資料】タブをクリックします。
③【脚注と文末脚注】ダイアルボックス起動ツールをクリックします。

「脚注と文末脚注」ダイアログボックスが表示されます。
【任意の脚注記号】に【※】を入力します。

【挿入】ボタンを押します。

脚注記号が※に変更出来ます。

脚注を文末脚注に、文末脚注を文末に変更

脚注と文末脚注ダイアログボックスの脚注の下にある「変換」をクリックします。

脚注の変更ダイアルボックスが出てきます。

【脚注を文末脚注に変更する】にチェックを入れてOKボタンを押します。

すると、1ページ目の末尾の脚注がなくなり、2ページ目の文末脚注が2つに増えます。
脚注を文末脚注に変更出来ます。

脚注(注釈)の削除方法

脚注を削除したいときは、本文中の脚注番号をデリートキーで削除すれば、文末の脚注も消えます。

まとめ

脚注を入れるには「参考資料タブ」→脚注のところにある「脚注の挿入」
文末脚注を入れるには「参考資料タブ」→脚注のところにある「文末脚注の挿入」
削除を脚注記号をデリートキーで削除

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Word基本操作
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント