ExcelのSUBTOTAL関数の使い方★★★

ExcelのSUBTOTAL関数Excel基本操作
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SUBTOTAL関数は集計方法の条件を指定することでさまざまな集計を求めることができます。
特に小計やオートフィルターを使うときはSUM関数やSUMIF関数ではなくSUBTOTAL関数を使用しましょう。

SUBTOTAL関数の挿入

この様なExcel表があります。SUBTOTAL関数で合計を求めます。

この様に数式バーにsubと入れたら候補が出てきます。↓矢印でSUBTOTA関数を選択します。

SUBTOTA関数が選択されました。タブキーを押します。

SUBTOTA関数が選択されました。

集計方法は9と入力します。合計方法を求める数値です。

合計したい範囲をドラックします。そしてエンターキーを押します。

合計が出ました。

SUBTOTA関数を使いこなそう

オートフィルターを使ってミカン・グレープフルーツ・ブドウを抽出したら、合計が出てきました。
SUMを使ってらこの合計は出てきません。

まとめ

SUM関数・SUBTOTAL関数どちらを使っても同じと思うかもしれませんが、フィルターをかけたときに違いが出てきます。

コメント