ExcelのSUMPRODUCT関数の使い方 | YouTubeパソコンスキルUP講座

ExcelのSUMPRODUCT関数の使い方

Excel SUMPRODUCT関数Excel関数
スポンサーリンク
スポンサーリンク

掛け算した結果が複数あり、それを合計したい場合、SUMPRODUCT関数が便利です。SUM関数でも求めることができますが、SUMPRODUCT関数なら1つの数式で可能です。

SUMPRODUCT関数の書式から使い方をご紹介しています。

SUMPRODUCT関数とは?

SUMPRODUCT関数は、範囲または配列に対応する要素の積を合計した結果を返します。

読み方

サムプロダクト

書式と引数

書式は「=SUMPRODUCT(配列,[配列2],[配列3],…)」のように記述します。

引数名説明
配列1(必須)計算の対象となる要素を含む最初の配列を指定します。
[配列2], [配列3],…(省略可能)計算の対象となる要素を含む配列を指定します。最大で255個まで指定できます。

SUMPRODUCT関数の使い方(使用例)

実際にSUMPRODUCT関数を使用する例をご紹介します。引数をどのように使用するか確認してみましょう。

この様な表があります。合計を一発で出していきたいと思います。

まず、配列1を指定します。

次に配列2を指定します。

エンターキーを押してください。

この関数だけで合計が算出出来ました。

SUMPRODUCT関数の応用

この様な表があります。税込合計金額を算出していきます。

配列1と配列2を指定してください。

配列3で割引率を求めます。

税込み対象なので、1.1を掛けます。

税込み合計金額が算出されました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★1秒でも早く帰りたい方へ★

改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニック
※書籍のダウンロードサイトで解りやすい資料作りが出来る!

Amazon:https://amzn.to/3TxOAmC
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17199338/
SBクリエイティブサイト:https://www.sbcr.jp/product/4815613532/

学習レベル(こんな人におススメ)

✅短時間で実務に役立つExcel機能のポイントを知りたい方
✅Excelは、ある程度使っていて、業務効率化につなげたい方
✅Excelで業務スキルをアップしたい
✅よりExcelを使いこなしたい方
✅基礎からさらにステップアップしたい方

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↑クリックすると、Amazonサイトへリンクします。

Excel関数
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント