Excel AGGREGATE関数の使い方

Excel AGGREGATE関数Excel関数

計算の種類を指定することで、合計や個数などのさまざまな集計値を求める、AGGREGATE関数の使い方を解説します。AGGREGATE関数は、SUBTOTAL関数の機能を強化した関数です。

【Excel講座】AGGREGATE関数の使い方(詳細マニュアル付き)

AGGREGATE関数の使い方

集計方法で指定する番号と対応する関数

[集計方法]に従って、さまざまな集計値を求めます。

集計方法目的の集計値を得るための計算の種類を1〜19の値で指定します。
オプション集計のオプションを以下のように指定します。
0または省略ネストされたSUBTOTAL関数とAGGREGATE関数を無視
10の指定に加えて非表示の行を無視
20の指定に加えてエラー値を無視
30の指定に加えて非表示の行とエラー値を無視
4何も無視しない
5非表示の行を無視
6エラー値を無視
7非表示の行とエラー値を無視
参照集計したい数値が入力されているセルのセル参照を指定します。
配列順位や分位数を求めたい範囲を指定します。
値 求めたい値の順位や位置を指定します。

計算の種類の一覧

集計方法集計機能同等の関数
1平均値を求めるAVERAGE
2数値の個数を求めるCOUNT
3データの個数を求めるCOUNTA
4最大値を求めるMAX
5最小値を求めるMIN
6積を求めるPRODUCT
7不偏標準偏差を求めるSTDEV.S
8標本標準偏差を求めるSTDEV.P
9合計値を求めるSUM
10不偏分散を求めるVAR.S
11標本分散を求めるVAR.P
12中央値を求めるMEDIAN
13最頻値を求めるMODE.SNGL
14降順の順位を求めるLARGE
15昇順の順位を求めるSMALL
16百分位数を求めるPERCENTILE.INC
17四分位数を求めるQUARTILE.INC
18百分位数を求める(0%と100%を除く)PERCENTILE.EXC
19四分位数を求める(0%と100%を除く)QUARTILE.EXC

問題

下表の得点表が作成されています。D16セルに平均点を求めなさい。
ただし、D4セルにはエラー値「#N/A」が返されています。

  • 下表をExcelへコピーすると「#N/A」は文字列となるかもしれません。ですので、D4セルには =NA()などエラーが返る数式を入力してください。

平均を求めるAVERAGE関数やSUBTOTAL関数では参照セル範囲にエラー値があるとエラー値を返して計算できませんが、AGGREGATE(アグリゲート)関数を使うと計算ができます。

上記の関数は

関数の引数ダイアログボックスを使う場合
集計方法:1 = AVERAGE
オプション:6 = エラー値を無視するとなってます。

エラー値を無視して計算する

この様な、リストが有ります。

品番が入力されてなく集計値にエラーが出ると合計金額にエラーが普通出ます。

①集計の合計方法は9を指定
②オプションに6を設定し、集計範囲内に含まれるエラーを無視します。
③参照に金額のセルが含まれます。

コメント