ExcelのSUMIFS関数の使い方

SUMIFS関数Excel関数

ExcelのSUMIFS関数は、特定の条件に一致する数値の合計を求める関数です。COUNT関数の様に、1つの条件だけなく複数の条件にも対応することができます。

【Excel講座】 SUMIFS関数 – 条件に一致するデータの合計を瞬時に求める(詳細マニュアル付き)

Excel SUMIFS関数

SUMIFS関数は、指定した複数の検索条件に一致するセルの数値を合計する関数です。

SUMIFS関数の書式

SUMIFS関数の書式を確認していきます。

SUMIFS関数では「条件範囲」と「条件」の組み合わせを最大127個まで指定することができます。

引数名説明
合計対象範囲 (必須)合計の対象となるセル範囲を指定します。
条件範囲1(必須)「条件1」の検索対象となるセル範囲を指定します。
条件1(必須)「条件範囲1」からセルを検索するための条件を数値、式、セル参照、文字列、関数の形式で指定します。文字列を指定する場合は、「"(ダブルクォーテーション)」で囲みます。
条件範囲2「条件2」の検索対象となるセル範囲を指定します。
条件2「条件範囲1」からセルを検索するための条件を数値、式、セル参照、文字列、関数の形式で指定します。

SUMIFS関数の使い方(実践)

平日の午前の部の来場者数だけの合計を求める

コメント