Excel MEDIAN関数

MEDIAN関数Excel関数

データの全体の傾向を把握するために「平均値」をよく使うことがありますよね。ただこの平均値、極端に高い・または低いデータがあると、傾向が上振れたり、逆に下振れしてしまうことがあります。

この時活用してみたいのが「中央値」。複数のデータを昇順に並び替えたときに真ん中にくる値のことです。今回は、中央値の基本的な知識と、一緒に覚えておくとさらに便利になる関数について紹介します。

Excel MEDIAN関数

読み方

メジアン関数

中央値と平均値の違い

例えばほとんどの支店がが成績が15万円近辺だとして、そこにE支店が60万でで、平均で求めると支店の営業成績がつり上がってしまいます。

一方、中央値ですと大きい方から数えて真ん中の人の年収を見るので、より一人あたりの年収額の実態に近くなります。

入力方法と引数

中央値の求め方

中央値を求める範囲指定をします。エンターキーを押してください。

中央値が求められました。データの個数が奇数個なので、真ん中のCが中央値となります。

コメント