Excel 不良統計の出し方

Excel 不良統計Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

業務の中で大量のデータを扱う、という企業は多いと思いますが、そのデータの集計に何を用いていますか? データの集計では、多くの人がExcelを使用している、と思いますが、Excelには、データを単純に合計するSUM関数の他に、条件を絞って合計するSUMIF関数やSUMIFS関数など、さまざまな関数があります。 また、関数を使った集計方法の他に、ピボットテーブルという便利な機能もあります。

今回は関数とピポットテーブルを使ってExcelで不良統計を出していきます。

この様な製造日報表があります。日付入力を変更してみます。

日付ごとに、不良率・投入数・不良数・不良損金金額が変更されます。

Excel 不良統計の出し方

品番マスターの作成

まず、品名と金額の金額のマスターをこの様に作成します。

不良統計は、不良数の種類に不良数を入力すると、不良数・良品数・金額マスターから算出して不良損金金額を現す事が出来ます。

不良1・不良2・不良3・不良4を入力してください。

不良数は、不良1・不良2・不良3・不良4の合計です。

良品数は、投入数-不良数で算出出来ます。

不良損失金額は、金額マスターからVlOOK UP関数で抽出することが出来ます。その金額から不良数を掛けます。

① 範囲を選択してください。
② 【挿入タブ】をクリックしてください。
③ ピポットテーブルをクリックしてください。

この様なボックスが出てきますので、新規のワークシートで作成するのでそのままOKボタンを押します。

すると新しいワークシートにこの様な画面が出てきます。

日付を行の場所にドラックしてください。

品番・投入数・良品数・不良を合計の所にドラックしてください。

日付ごとで、この様に集計出来ます。

集計表をSUMIF関数で集計します。

不良数と不良損失金額も同じようにSUMIFで算出します。

不良率は不良数-投入数で算出します。

有料会員(月額450円)になると、テンプレート素材全部がダウンロード出来るよ

テンプレート一覧

ペイパル|カード情報も、口座番号も、ペイパルが守ります。|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行

コメント