Excel 時短テク 7選

Excel 時短テクExcel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelの操作では、時短を知っているか?知ってないかで大幅に作業スピードが変わっていきます。本日は時短7選をご紹介します。

Excel 時短テク 7選

シート名の一括表示

ブックには複数のシートを作成する事が出来ます。
沢山のシートがある際、一つつ作成していませんか?

そんな際は、

上記の▶を右クリックします。

シート名が出てきます。
ここから必要なシートを選んでOKボタンを押してください。

検索と置換オプションの活用法

 例えば、従業員名簿の管理をしており、部署名が変更した時、Excelで作った従業員名簿にその変更を反映して、修正したセルがわかりやすいように色を付けておくととても分かりやすいです。

多くの方が検索や置換をして修正したい箇所を塗りつぶすと言う操作をしている方は多いと思います。
ここでは検索と置換のオプションを活用します。

この様な従業員名簿が有ります。

ソフトウエア部がソフトウエア開発部に変更したとします。

キーボードの【Control+H】を押します。

検索と置換のダイヤルログが出てきます。

① 検索する文字列にソフトウエア部と入力します。
② 置換後の文字列にソフトウエア開発部と入力します。
③ オプションをクリックします。

すると置換のオプションが出てきます。書式をクリックします。

書式の変換ダイアルログが出てきます。
塗りつぶしタブをクリックして、オレンジをクリックしてOKボタンを押します。

そうすると置換後の文字列の書式がオレンジになります。
この状態で全て置換をクリックします。

文字と書式が一括で変換されます。

[検索と置換]ダイアログボックスのオプションを使うと大幅な時短に繋がります。

Σを使った合計・総計

この様な支店別売上表の合計そして総計が有ります。Σを使って一発で合計と総計を算出する方法をご紹介します。

Controlキーを押しながら合計、総計を選択します。

この状態でΣをクリックします。

一発で合計と総計が出てきます。

アクティブセルの高速移動

入力する箇所をドラックして選択します。

TABキーを押しながら入力します。

この状態でタブキーを押します。

アクティブセルがこの様になります。

関数を違うセルへ貼り付け

この様な年間収益表が有ります。0の箇所には全て関数が挿入されてます。違うシートにこの挿入されている関数を貼り付けます。

数式タブから数式の表示をクリックします。

この様に数式が表示されます。

数式をドラックして選択します。

メモ帳を立ち上げ貼り付けます。

メモ帳に貼った関数をControl+Aで全選択します。Control+Cでコピーします。

関数の入ってないシートが有ります。

ここに貼り付けます。

原本と同じ関数が張り付けられます。

セルの一括編集

上記の様なシートが③つ有り同じフォーマットを作成するときの方法をご紹介します。

shiftを押しながら全部シートを選択します。

全てのシートに同じフォーマットが作成されます。

shift+F8で選択範囲追加モードに切り替えまたは解除する

この様な表があります。キーボードのshift+F8を押してください。

この様に下に、選択内容の追加または削除と出てきます。

この様に自由に離れたセルを選択する事も解除する事も出来ます。

既に選択されているセルをクリックすると、セルの選択を解除(削除)できます。
キーボードのESCを押すか、Shift + F8を押すと選択内容の追加または削除は解除されます。

まとめ

本日は時短7選をご紹介しました。

コメント