Excel シート名一括自動出力

Excel シート名一括自動出力Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelで作業しているとExcelのシートがどんどん増えてきて、シートを探すのにとても苦労します。シート一覧を表示したい時がありませんか?今回はシート名を自動で取得し、目次にシート名を表示させる方法をご紹介します。

Excel シート名一括自動出力

シート一覧を簡単に見る方法

この様にシートが沢山有った時、シート一覧を簡単に見る方法が有ります。

上記の▶ボタンを右クリックします。

するとシートの選択ダイアルログが出てきます。ここからシートを選ぶとそのシートへ飛びます。

シート一覧の作り方

キーボードの「Alt」を押しながら「F11」キーを押します。

Microsoft Visual Basic for Applications (マイクロソフトビジュアルベーシックフォーアプリケーションズ)というウィンドウが開きます。

ここでは、「イミディエイトウィンドウ」を使用します。

「イミディエイトウィンドウ」が開いていない場合は、メニューの「表示」から「イミディエイトウィンドウ」を選択します。

イミディエイトウィンドウに、
For Each i In ThisWorkbook.Sheets: Debug.Print i.Name: Next i

と言うVBAのコードをコピーして貼り付けます。

マウスポインタを後ろにもっていきキーボードの【エンターキー】を押します。

シート名が表示されます。

シート名をコピーします。

Excelのアイコンをクリックします。すると標準のExcel画面に戻ります。

Excelの目次として貼り付けます。

ハイパーリンクの設定

目次を作成するために、文字にハイパーリンクをかけます。

セルを右クリックします。リンクをクリックします。

【ハイパーリンクの挿入】ダイアルログが出てきます。
【このドキュメント内】をクリックして、ハイパーリンクしたいシート名を選択して【OK】ボタンを押します。

山口支店のハイパーリンクが設定されます。山口支店をクリックすると、そのシートへ移動します。

コメント