Excel  複数の行や列をグループ化する (アウトライン) | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excel  複数の行や列をグループ化する (アウトライン)

Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今は必要ないけど、削除できない行や列を非表示にしている方は多いと思います。
しかし、非表示は、第三者からみると、表のどの部分が非表示になっているの気づきにくく、隠れた部分があることに気づかない事も有ります。又再表示する時に手間がかかります。
今回は、情報を共有できる「アウトライン」機能を紹介します。

アウトライン設定

今回は、四国支店と九州地方の、上半期と下半期の営業成績の表を使用していきます。

①【A4】セルをアクティブセルにします。
②【データ】タブをクリックします。
③【アウトラインの自動作成】をクリックします。

この様にアウトライン化します。

エクセルの「アウトライン」とは、シートで選択した複数あるいは単独の行、あるいは列を「グループ」として設定(グループ化)して、表示/非表示を切り替えたりできる機能です。

アウトラインのショートカットキーは【Control】+【8】です。

アウトラインで集計結果を表示

上記をクリックします。

すると、合計・総合計だけになり、数式が折りたたまれます。

+ボタンをクリックします。

すると、この様に、九州地方のデータが再表示されます。

マイナスボタンをクリックすると、

すると、合計・総合計だけになり、数式が折りたたまれます。

上記のマイナスボタンをクリックします。

すると、上記の形で数式が折りたたまれます。

※行も同じです。

アウトラインの解除方法

①【データ】タブをクリックします
②【アウトラインのクリア】をクリックします。

データがもとに戻ります。

まとめ

今回は、情報を共有できる「アウトライン」機能を紹介しました。

当サイト管理者の、橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。
この度、出版社SBクリエイティブさんに、思いを共感していただき、改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニックという本を出版しました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント