【Excel】チェックマーク、チェックボックスの入れ方 | YouTubeパソコンスキルUP講座

【Excel】チェックマーク、チェックボックスの入れ方

Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelでチェックマークを表示する4つの方法をここではご紹介します。

この様な表があります。様々な条件でチェックマークを表示させてみます。

チェックマーク表示

フォントによる表示方法

この様に、ローマ字のPを入力していきます。

フォントの変更

チェックマークをつけた範囲のフォントを変更します。

範囲を選択してから、一番下から2番目のフォント、Wingdings 2を選択します。

すると、この様に、大文字のPのフォントがチェックマークになります。

欠席した人には×マーク

Wingdings 2では、Shift+Oで×マークが入力されます。
勿論、これらを、Control+Cでコピーして、Control+Vで貼り付けをする事も可能です。

チェックボックスを表示する方法

開発タブのチェックボックスでも、表示されます。

Control+Dで下のセルにもコピーします。

関数との組み合わせ

次に、年齢が30歳以上に、チェックマークをつけて、それ以外は×マークをつけます。

挿入タブの、一番右にある、記号と特殊文字をクリックします。

右上のプルダウンで、特殊記号を選択すると、チェックマークが出てきます。
挿入ボタンを押します。

すると、この様に、特殊文字が表示されます。

×マークも使いたいので、罫線文字から×を選択して、挿入ボタンを押します。

条件により、表示させたいので、別々のセルにおいておきます。

この様な関数を入力します。

下にオートフィルすると、この様な結果が出ました。

条件付き書式

範囲を選択して、ホームタブの、条件付き書式から、アイコンセットを選びます。
次に、その他のルールを選びます。

今回は70点以上なら、チェックマーク 50点より低ければ×マーク それ以外ならビックリマークを表示させます。

アイコンセットの種類は変えます。 値の種類を数値に変更し、値をここでは70と50に入力します。

OKボタンを押します。


すると、この様な結果になります。

数値を見せたくない時は、

アイコンのみにチェックマークを入れて、OKボタンを押すと、数値が表示されなくなります。

まとめ

今回は、フォントや、チェックボックス、記号、条件付き書式を使う方法など、色々なチェックボックスを今回は作成しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★1秒でも早く帰りたい方へ★

改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニック
※書籍のダウンロードサイトで解りやすい資料作りが出来る!

Amazon:https://amzn.to/3TxOAmC
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17199338/
SBクリエイティブサイト:https://www.sbcr.jp/product/4815613532/

学習レベル(こんな人におススメ)

✅短時間で実務に役立つExcel機能のポイントを知りたい方
✅Excelは、ある程度使っていて、業務効率化につなげたい方
✅Excelで業務スキルをアップしたい
✅よりExcelを使いこなしたい方
✅基礎からさらにステップアップしたい方

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↑クリックすると、Amazonサイトへリンクします。

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント