Excel 指定の範囲から条件にあてはまるデータを抽出する(FILTER関数)

Excel FILTER関数Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

沢山のデータから、条件にあてはまるデータを抽出したい時、皆さんはどの様な抽出方法をしていますか?ここでは、抽出方法に便利な、FILTER関数をご紹介します。

尚、Excel 2016 ・Excel 2019 等、買い切りタイプの Excel にはこの関数は搭載されていないのでご注意をしてください。

FILTER関数はスピルで登場した新しい関数です。
スピルに関しては下記の記事をご覧ください。

FILTER関数

FILTER関数の書式

FILTER関数使用例

使い道の広い関数です。配列を意識して使いこなすと、とても便利です。

この様なSampleの表を使っていきます。

文字列でフィルターをかける

“東京都”でフィルターをかけます。

【=FILTER(配列)】を選択します。

抽出条件を選択します。この場合、表の中の東京都の入っている列を選択します。

東京都のリストを選択したいので、【=”東京都”】と入力します。東京都は文字列なのでダブルコーテーションでくくります。【エンターキー】を押します。

東京都のデータを抽出する事が出来ます。
これは、「含む」に指定した条件に合致するデータを抽出することが出来ます。

同じように上記の様に女だけを抽出する事も出来ます。

これはオートフィルターで女を抽出すると同じ結果になります。

複数条件のフィルター

AND条件

表全体から、男で大阪府を抽出します。

=FILTER(A2:E51,(B2:B51=”男”)*(E2:E51=”大阪府”))と数式バーに入力します。
すると、大阪府の男が抽出されます。

AND条件は、*(アスタリスク)演算子を使います。AND関数は使えないので気をつけてください。

OR条件

表全体から、男又は、大阪府を抽出します。

=FILTER(A2:E51,(B2:B51=”男”)+(E2:E51=”大阪府”))と数式バーに入力します。

OR条件は、+演算子を使います。ここでもOR関数は使用しません。

数値でフィルターをかける

数値でもフィルターをかける事が出来ます。
表の中で、40歳以上を調べます。

上記の関数で40歳以上を調べる事も出来ます。

表をテーブルにする

表をテーブルにすると、データが増減する際は表をテーブルにしておくと便利です。

コメント