Excel AVERAGEIFS関数 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excel AVERAGEIFS関数

AVERAGEIFS関数Excel関数
スポンサーリンク
スポンサーリンク

指定した範囲のなかから複数の条件を満たすセルを検索して平均値を求める、AVERAGEIFS関数の使い方を解説します。

Excel AVERAGEIFS関数

入力方法と引数

今回は左の表を例にして、
女性で、参加回数が2回以上の人の平均年齢
を求めてみたいと思います。
まずは結果を表示させたいセルを選択し、AVERAGEIFS関数を選びます。

上記の様な数式になります。

数式は上記の様な意味です。

先程の例では、引数[条件1][条件2]に、”女”、”>=2″という風に実際の条件を直接入力しましたが、左の図のように、条件を入力するためのセルを作っても同じ結果になります。

比較演算子の解説

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★1秒でも早く帰りたい方へ★

改善Excel パフォーマンスを底上げする仕事改善・効率化テクニック
※書籍のダウンロードサイトで解りやすい資料作りが出来る!

Amazon:https://amzn.to/3TxOAmC
楽天:https://books.rakuten.co.jp/rb/17199338/
SBクリエイティブサイト:https://www.sbcr.jp/product/4815613532/

学習レベル(こんな人におススメ)

✅短時間で実務に役立つExcel機能のポイントを知りたい方
✅Excelは、ある程度使っていて、業務効率化につなげたい方
✅Excelで業務スキルをアップしたい
✅よりExcelを使いこなしたい方
✅基礎からさらにステップアップしたい方

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↑クリックすると、Amazonサイトへリンクします。

Excel関数
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント