Excel 半角・全角 入力モード自動切換え

Excel 全角 半角切り替えExcel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelで住所録などを入力する際、全角文字と半角文字を交互に入力しなくてはならない場合、キーボードの[半角/全角]キーを押して、日本語入力のON/OFFを切り替えている人が多いのではないでしょうか。Excelでは、[入力規則]を使って入力時の日本語入力をオンにしたり、オフにしたりすることができます。この設定をしておくことで、迅速・そして入力ミスを避ける事が出来ます。今回は、Excelの表で列ごとに日本語入力のON/OFFを設定する方法をご紹介します。

[データの入力規則]ダイアログボックスで日本語入力のON/OFFを設定する

社員名簿の例を使って、列ごとに日本語入力のON/OFFを設定します。この表では、「社員No」「郵便番号」「番地」には半角文字を入力したいので、日本語入力がOFFになるようにします。

「社員No」「郵便番号」「番地」をControlを押しながら上記の様に選択します。

①【データ】タブをクリックします。
②【データの入力規則】をクリックします。

すると、【データの入力】ダイアルボックスが出てきます。
【日本語入力】タブを選択して、【日本語入力】を【オフ(英語モード)】を選択します。

OKボタンを押します。

フリガナをカタカナ入力にする

①【ドラックして選択】します。
②【データ】タブを選択します。
③【データの入力規則】を選択します。

すると、【データの入力】ダイアルボックスが出てきます。
【日本語入力】タブを選択して、【日本語入力】を【全角カタカナ】を選択します。

【OK】ボタンを押します。

IMEの入力モードが切り替わるかを確認

セルを移動して、入力モードが切り替わるかどうか確認してみてください。日本語入力モードはオフになっています。

氏名の爛をクリックすると、入力モードが全角ひらがなになっている事が解ります。

氏名の爛をクリックすると、入力モードが全角カタカナになっている事が解ります。

日本語入力モードの選択肢

[データの入力規則]ダイアログボックスの[日本語入力]タブで選択可能な入力モードは、以下のとおりです。

コントロールなし
オン
オフ(英語モード)
無効
ひらがな
全角カタカナ
半角カタカナ
全角英数字
半角英数字

データの入力規則のIME日本語入力の設定では、「オフ(英語モード)」と「無効」があります。

「オフ(英語モード)」は半角の入力になりますが、半角全角ボタンを押すと全角入力に切り換えることができます。「無効」も半角の入力になりますが、半角全角ボタンを押しても全角入力に切り替わりません。

まとめ

今回は、Excel表で、列ごとに日本語入力のON/OFFを設定する方法を解説しました。キーボードの[半角/全角]キーを押して日本語入力のON/OFFを切り替えなくていいので、入力作業がスムーズになります。

コメント