Excel 特定のセルだけロックをかける方法

Excel裏技テクニック

 Excelで作成する書類の中には、勝手に修正してはいけないようなデータが入力されているものもあります。ほかの人から入力を頼まれた重要な書類等は、余計な部分をうっかり修正したり削除したりしないように気を使います。

このような表では、実際に作業者が入力する欄は決まっているので、それ以外のセルは編集できないようにするのが無難です。今回は、特定のセルだけにロックをかける方法をご紹介します。

Excel 特定のセルだけロックをかける方法

全てのセルのロックを外す

まず。全てのシートを選択します。

キーボードの【Control+1】を押してください。

するとセルの書式設定ダイアルログが出てきます。
保護タブをクリックします。

保護タブにあるロックのチェックを外します。これで全セルのロックが外れます。
OKボタンをおします。

保護したい表をロックする

保護したい表をドラックして選択します。キーボードの【Control+1】を押してください。

セルの書式設定ダイアルログが出てきます。
保護タブを選択して、ロックにチェックをつけます。

OKボタンを押します。

これで、シートの保護をかけた場合、チェックを入れたセルだけ保護が有効となります。

シートの保護を設定する

① 【校閲】タブをクリックします。
② シートの保護をクリックします。

するとシートの保護ダイアルログが出てきます。
デフォルとではチェックが2つついてます。OKボタンを押します。

この様に保護した表に入力しようとするとエラーメッセージがかえってきます。

今回は、セルのロックとシートの保護によって編集されたくないセルを編集できないようにするテクニックをご紹介しました。

今回解説したテクニックを使えば、必要な部分だけを編集可能に設定できるので、重要な部分をうっかり削除したり編集したりしてしまうことを防ぐことができ、余計なストレスを軽減できます。

是非、ファイルの管理に役立ててください。

コメント