Excel セルを選択で計算結果がわかる「オートカルク」 | YouTubeパソコンスキルUP講座

Excel セルを選択で計算結果がわかる「オートカルク」

Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょっとした打ち合わせ用に上半期平均だけ出してくれと頼まれて、表を作ったのに、話の途中で「下半期平均それぞれどのくらい?等、表にない数値を突発的に聞かれたりすることはよくあります。そんな時、関数を使わずとも簡単に計算結果がわかる「オートカルク」を使うと便利です。

オートカルクとは?

Excelでは、セルを範囲選択しただけでその範囲の「合計」をステータスバーに表示する機能があります。この機能をオートカルクといいます。

ステータスバーとは、Excelのウィンドウの一番下、通常ですとページビューの切り替えボタンやズームスライダーなどが表示されているエリアを指します。

連続したセル範囲でなくても、Ctrlを押しながら飛び飛びにセルを選択しても計算できます。

ステータスバーにどんな計算結果を表示するかは自由に変更することができます。次は設定方法を見ていきましょう。

オートカルクで表示する計算の種類を変更

「平均」「データの個数」「数値の個数」「最小値」「最大値」「合計」のうち、項目名の左にチェックが入っているものが現在ステータスバーに表示されているものです。こちらをオートカルクと呼びます。

設定画面を閉じるときはステータスバー以外の場所をクリックしてください。

Microsoft365ではオートカルクで表示されている値をクリックすると、クリップボードにコピーすることができるようになりました。

これまでは、VBAで対処する方法がありましたが、
オートカルクの機能で表示された計算結果をコピー/貼り付けすることができるようになっています。

ステータスバーに表示されたものにマウスポインターを合わせると、「選択したセル範囲の合計(クリップボードにコピー)」と表示されるようになります。

ステータスバーに表示された 「合計」をクリックします。
すると、この値がクリップボードにコピーされます。
セルを選択して、[Ctrl]+[V]で貼り付けると、合計がセルに貼り付けることが出来ます。

コメント