「全角⇔半角」や「大文字⇔小文字」一気に変換 | YouTubeパソコンスキルUP講座

「全角⇔半角」や「大文字⇔小文字」一気に変換

Excel裏技テクニック
スポンサーリンク
スポンサーリンク

少しの入力ミスなら手間はかからないですが、全角の英数字全部を半角にといった大幅な変更は手間がかかってしまいます。再度入力する操作を繰り返すととても大変な労力になってしまいます。
そんな時、「文字種変換」を活用しましょう。文字種変換は、英数字の(全角・半角、大文字・小文字)を一括返還出来ます。今回は、文字種変換を使った入力ミスへの対策方法をご紹介します。

全角文字を半角文字に文字種変換

先に、文字種変換をするには、文章や語句を選択し、メニューから変換する方法をご紹介します。

①表を選択します。
②【ホーム】タブをクリックします。
③【文字種の変換▼】をクリックします。
④【半角】をクリックします。

すると、文字が半角入力となります。

全角文字を全角文字に文字種変換

①表を選択します。
②【ホーム】タブをクリックします。
③【文字種の変換▼】をクリックします。
④【全角】をクリックします。

全ての文字が全角となります。

確定済みの英小文字を大文字に変換するには

範囲をドラックして、

キーボードの【Shift+F3】を押します。

この様に全ての文字が全角となります。

確定済みの英小文字を大文字に変換するには

範囲をドラックして

キーボードの【Shift+F3】を【2回】押します。

すると、先頭行だけ大文字になります。

まとめ

文章作成の後半で入力ミスに気づいても、文字種変換を使って時短して対処する事が出来ます。

著者の橋本由夏です。 
職場で働いている中で、私が見てきたのは終わりのない業務に追われて、 深夜まで残業に追われて、実務で私生活を犠牲にされている方々がいらしゃいます。 事務処理に追われて残業が続く・・・と言う状況を沢山目のあたりにしてきました。
私がOffice講座を開設したきっかけは、そういった方々に少しでも状況を改善して貰える のではないかと思いました。

本書は、日々の業務を改善し、効率的に進めるためのテクニックをまとめました。 講師として教えた経験、民間・公的機関で勤務した経験を生かし、現場で役立つ、即効性の高いテクニックを掲載しています。

立ち読みはココをクリック

ツタヤ・紀伊国屋書店・宮脇書店に販売しております。
SBクリエイティブサイト
Amazonでも取り扱っています。
☟Amazonサイト

Amazonサイト ←クリックするとサイトに飛びます。

Excel裏技テクニック
YouTubeパソコンスキルUP講座

コメント